引越しの荷造りのコツは?荷造りの順番

引越しにはさまざまな引越し準備がありますが、荷物の梱包に意外と時間が掛かってしまうことがあります。「どうすればうまく荷物をまとめられるの?」という方のために、荷造りのコツについてご紹介します。

早めに梱包資材を入手しておこう


見積もりが終わって引越し業者が決まったら、梱包資材を早めにもらっておきましょう。
引越しのプロですから、こちらが催促しなくてもすぐにダンボールやガムテープなど、荷造りに必要な資材を持ってきてくれるはずです。

「一人暮らしだから荷物も少ないだろう」と思っても、いざ荷造りするとなると意外と手間取るもの。
もしも、引っ越し業者の梱包サービスなどを利用せずに自分で作業を行うのであれば、早めに梱包準備をはじめるようにしましょう。
<荷造りに必要な物>
□段ボール箱
□テープ
□緩衡材
□ヒモ
□マジック(箱に中身を書くときに使用)

荷造りの順番とは?


上手に荷造りをするためには、荷造りをする順番を決めてから行動に移しましょう。
計画的に行うことにより、貴重品や引越し直前まで使う日用品などをしまい込んでしまうのを防ぐことができます。
もしも新居に運んでおくことが可能なら、使わない物などをある程度運んでおくことができるかもしれません。

荷造りの手順は、優先順位を決めることからはじめることができます。
およそ下記の通りに分類できますが、これらの順番でダンボール箱に詰めていくなら、段取りよく荷造りすることができるはずです。

□まったく使用していない物(食器類・衣類・家電・雑貨)
□ほとんど使用していない物
□必要だがなくても生活に困らない物
□日常的に使用している物

本や季節の衣類、たくさんある食器などをまず段ボールに詰めていくようにしましょう。
箱に詰めると重くなるものは、引越し作業の邪魔にならないところで、できるだけ玄関から近い場所にまとめて置いておくと良いかもしれません。

また、荷造りと同時に不要品を処分するようにすればスムーズに荷造りが運びます。

荷造りのコツと注意点は?


引っ越しが決まったら、どんどん梱包作業と荷造りを行いましょう。
荷物の詰め方などの荷造りのコツは、下記の通りです。

□重い物(本や食器など)は小さめの箱に詰める
□軽い物(衣類や雑貨など)は大きめの箱に詰める
□組み立て式家具などは事前にばらしておく
□割れ物の食器は新聞紙で包み、隙間にはタオルや新聞紙を詰める
□箱には中身の記載と運ぶ部屋を記載しておく
□液体が入っている容器はラップで包み、ビニール袋に入れておく
□貴重品はとにかく一番最後に(自分で運ぶようにしましょう)

梱包方法の注意点としては、一つ一つの箱に詰めすぎないようにすることです。
「箱の数が少ないほうが、早く引越しが終わるんじゃない?」
と思うかもしれませんが、箱が重すぎて運びにくかったり、箱の底が落ちてしまう可能性もあります。

また、事前に家具の配置やどの部屋にどの物を置くかなどを考えておくと、スムーズに荷物を運ぶことができるでしょう。

冷蔵庫の引越し準備について


引越しする時に忘れてはいけないのが、冷蔵庫の引越し準備です。
引越し2週間前から、冷蔵庫に入っている食品や食材を無駄にしないよう、それらを使い切ることができるようなレシピを考えましょう。

もしも、引越し数日前になってもまだ消費しきれない物や食材が残っているのならどうすることができるでしょうか?

そのような場合には、賞味期限をよくチェックしてから友人に引き取ってもらうようにするか、クーラーボックスやアイスを準備して引越しの当日にすべてそこへ入れられるように準備しておきましょう。
冷蔵庫は、水抜き霜取りをしておく必要があります。そのため、計画的に中身を減らしていくことが必要になるでしょう。