引越し時の保険「運送業社貨物賠償責任保険」とは

引越しのお見積もりをお願いした時に、多くの引越し会社は
「当社では引越し時に引越荷物全般を対象にした保険に加入しているので安心してお任せください!」と言っています。

これを聞いて
「保険があるなら安心だな!」
と素直に思ってしまいがちです。

でも実はこの保険には大きな落とし穴があり、後でトラブルになることもあるのです。

運送業社貨物賠償責任保険とは?


運送業社貨物賠償責任保険とは、引越し時に引越し業者が加入する保険の名称です。

その保険は引越荷物に対する補償で、引越し時の運送途中での事故を起こして荷物が破損した場合や、引越し先で開梱作業時に荷物が破損していた場合に補償されると説明されます。

多くの引越し業者では補償額は上限1000万円、美術品や骨董品、高価な家具といった高額商品は対象外ですが、引越荷物全般が対象になるので、万が一の時に備えるなら多くの方にとってはこの保険の補償内容だけで充分だと考えられます。

保険に加入している業者例
アーク引越センター
アート引越センター
ダック引越センター
サカイ引越センター
松岡満運輸引越センター などなど

多くの企業がこの保険に加入しています。

運送業社貨物賠償責任保険は安心?


大手引越し業者から中小引越し業者まで幅広く利用している運送業社貨物賠償責任保険。
ということはこれに加入している引越し業者なら全て任せて安心だ!
と思うのはちょっと違うようです。

実はこの保険に加入していても、すんなり保険を使ってくれないことが多いのです。

これには引越し業者側の事情もあります。
ある引越し業者Aが保険を使うと、保険会社の中で設定されている、その引越し業者Aの保険を起こす確率が上がります。
この確率は数値化されていて、保険料の算出に利用されています。

つまり保険を使えば保険料が上がり引越し業者の負担が増すので、できれば引越し業者は保険を使いたく無いのです。

運送業社貨物賠償責任保険を利用するには?


前述したように、引越し業者は潜在的には運送業社貨物賠償責任保険を利用したくありません。

そのためなのか、この保険を使うにはある条件があります。
それは『引越し業者側に過失がある場合のみ利用できる』ということです。

つまり、これは依頼者が引越し業者側の過失を証明しなければなりません。
過失が証明されなければ引越し業者は保険を使う必要はありません。
仮に荷物を紛失されても、それを荷主が証明することは困難だと思います。

そのため、万全を期すのなら梱包時に破損したら困るような万が一の家財は全て写真に保存するなどして証拠を抑えておくことが必要になります。

自分で保険に加入する方法


引越し業者側の保険が怪しいな、
もしくは保険に加入していない場合には個人で引越し時の保険に加入することもできます。

三井住友海上が出している運賠安心デリバリーや、他の大手保険会社でも同じような個人の引越し用の保険を用意しています。

これらの保険は1日1000円~3000円で加入でき、しっかりと家財が補償されるので、心配な方や絶対に万が一の時に困りたくないという人は加入しておいた方が良いでしょう。



運送業社貨物賠償責任保険は必ずしも万全な保険ではありません。

そのため、クロネコヤマトやサカイ引越センターなどの一部の引越し業者では、この保険の保証金と保証内容に関して引越し見積もりと別途で記載し利用者に理解を促しています。

しかし全て引越し業者が誠実な対応をしてくれるとは限らないので、利用者個人が運送業社貨物賠償責任保険が、どういった物かを理解して利用することがトラブルを防ぐために大切なことだと思います。