どこまで掃除すればいいの?引越し退去時のお掃除の必要性は?

引っ越し作業として忘れてはいけないのが、退去時のお部屋のクリーニングです。
これまでお世話になった感謝の気持ちを込めて清掃するのはもちろん、実は掃除と敷金は深い関係があります。

そこで今回は、引越し退去時のお掃除の必要性と、どこまで現状回復をすれば良いのかについてご紹介します。

引越し退去時のお掃除の必要性は?


日本ではお部屋を引き払う際に汚れをきれいにする義務が賃借人にあるとされています。
また、退去時にある程度の掃除をするなら、敷金返還を受けることが期待できます。

そのため、引越しをして部屋を引き払う際には、お部屋の掃除を行う必要があるでしょう。

入居の際に大家や管理会社に支払った敷金は、修理費やハウスクリーニング代などのお部屋の現状回復費用が差し引かれた後に一部が返されることになります。
畳や壁クロスの色落ちなど、通常使用による経年劣化の場合には見過ごされることもありますが、そうではない汚れや破損は現状回復義務があるとして、費用負担を強いられる場合があります。

敷金返還に関しては、賃貸住宅を借りる際賃貸契約を結んだ契約書の中で触れられてるはずです。
しかし敷金をめぐるトラブルは後を絶たないため、もしも心配なのであれば国土交通省の「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」を参考にしてみてください。
サイトはココ⇒原状回復をめぐるトラブルとガイドライン

原状回復に関連したトラブルを未然に防ぐことができます。

敷金返還額をアップさせるコツ


家賃滞納時やお部屋の現状回復に掛かる費用を減らすことができれば、敷金返還額はアップするでしょう。

そのためには、賃貸物件を借りた時からお部屋をきれいに使用することを心掛ける必要があります。
それに加えて、定期的にハウスクリーニングを行ったり、退去時の掃除により敷金返還額を増やすことができるはずです。

もちろん全額返還を期待することはできませんが、それでもキッチンの油汚れ、そしてトイレや水回りの清掃や修理を行っておくなら、戻ってくる敷金の金額もそれなりにあると言えるでしょう。

修理費用を請求されてしまうケースとは?


どんなにきれいに掃除をしても、修理するために掛かる費用やハウスクリーニング代を請求されてしまうこともあります。

そのようなケースの場合、通常使用による損耗ではないとみなされたからだと考えることができます。
一部でも負担費用を請求される場合とは、具体的にどのような状態を指すのでしょうか?

<負担なしとみなされる場合>
□壁クロスや畳の経年劣化による変色
□電気ヤケ
□エアコン設置の穴や画鋲の跡など
□家具による床のへこみ

<借主に一部負担が求められる場合>
□故意にできたシミ
□結露をそのままにしたことで拡大したカビやシミ
□風呂や水回りの水垢

<借主の負担とみなされる場合>
□タバコによる壁の汚れ
□引越しの際にできてしまった壁や床の傷
□壁や床への落書き
□ペットによる傷やへこみ、臭いなど

油汚れと水垢は徹底的に除去!


クリーニング代を請求されないためにも、油汚れや水垢は徹底的にきれいに掃除をして取り除いておくようにしましょう。

風呂場の清掃にはカビ取り剤を使用したり、中性洗剤で頑固なカビや水垢をきれいに落としておくよう心掛けましょう。

退去時の清掃ポイントになるのは、上記でも一部述べたように「通常使用」なのか、それとも「通常使用ではない」のかという点です。

ですから掃除をする際には漠然と全体を掃除するのではなく「通常使用ではない」とみなされるであろう場所に、労力を注いで清掃を行うようにしましょう。

そうすれば敷金が手元に返ってくると同時に、貸主との間でトラブルになって物件を引き払う時に嫌な思いをしなくて済むと思いますよ。