引越し時の荷物一時預かりはどこに頼むのがいい?メリットとデメリットは?

諸事情により、新居に荷物が運べない場合があるかもしれません。
そのような場合には荷物の保管場所を探す必要がありますが、たいていの場合引越し業者のサービスかトランクルーム業者のトランクルームを活用することになるでしょう。
いったいどちらで荷物を保管すると良いのでしょうか?
それぞれのメリットとデメリットをご紹介します。

引越業者の荷物保管サービスを利用する


旧居の退去時期と新居に入居できるタイミングがズレてしまった場合、もしくはマイホームの建て替えで一時的に家財道具の保管スペースを確保しなければならない場合などに、荷物の一時預かりサービスの利用を余儀なくされるかもしれません。

そのようなケースでは、家財保管のオプションサービスを提供している引越会社に引越しを依頼することができます。

それぞれの引越し業者によって料金やサービス内容が異なります。
引越しの見積もりの際に荷物の預かりプランの詳しい内容や保管料金について尋ねてみてください。

荷物の保管方法について


引越し業者の荷物の一時預かりサービスは期間によって保管料が異なります。

さらに荷物の保管方法にも違いがあります。
ほんの数日の間などごく短かい期間、荷物預かりサービスを利用したいのであれば、
業者によっては引越しと同時依頼することで一定期間の間無料で荷物を預かってくれるところもあります。
そのような場合には引越し業者が所有する倉庫や保管庫での保管となるでしょう。

しかしある引越し業者では、家具などの荷物の一時保管の期間が1ヶ月未満の場合、鉄道コンテナ輸送を利用することで保管料を安くできる場合もあります。

また、もしも1ヶ月以上の長期保管を希望する際には、鉄道コンテナではなく空調設備が整ったトランクルーム保管のサービスを提供している業者もあります。

このように引越し業者によってそれぞれに保管サービスの内容が異なりますし、中には荷物預かりサービスをまったく取り扱っていない業者も存在します。
ですからもしも引越し業者の荷物一時預かりサービスを利用したいと思われるのであれば、どの引越し業者がどんなサービスを展開しているのかよく調べる必要があります。

トランクルーム専門会社を利用する場合


荷物の一時預かりをトランクルーム会社に依頼する場合、サイズと屋外コンテナか屋内コンテナかによって料金が異なります。
荷物預かりの専門業者を利用するのであれば、月額使用料が設定されているため、わかりやすい料金体系であるというメリットがありますしセキュリティ面で信頼を置くことができるでしょう。

サイズにもよりますが、月額3,000円ほどから利用することができる格安トランクルームもあるので保管料の負担も少ないと言えるでしょう。

それぞれのメリットとデメリットについて


引越し業者とトランクルーム業者のメリットとデメリットについては、下記の通りです。
<引越し業者を利用する場合のメリット>
□業者が預ける荷物の搬入作業をしてくれる
□業者によっては短期の預かり無料サービスがある

<引越し業者を利用する場合のデメリット>
□場合によっては割高になることもある

<トランクルーム業者を利用する場合のメリット>
□セキュリティ面で安心できる
□長期保管でも格安で預けることができる

<トランクルーム業者を利用する場合のデメリット>
□荷物の搬入作業を自分でしなければいけない

どちらを利用するにしても、お互いのメリットとデメリットを考慮して自分の状況にふさわしいほうを選ぶように心がけて下さい。