コレで失敗しない!上手な部屋探しの方法とは?

引越しの経験を重ねれば、良い物件とそう見えて実はそれほど良くない物件の違いを見分けることができるようになるかもしれません。
また、不動産会社に勤めていれば、引越し経験がそれほどなくても部屋探しの方法について詳しくなことができるでしょう。

しかし実際には「上手な部屋探しの方法は?どんなコツがあるの?」と悩む方のほうが断然多いですよね。

ネットだけでは上手な部屋探しはできない?


インターネットが使える環境にあれば、あらゆることがネットを通した手続きだけで済んでしまう時代になりました。
物件情報を得るのもネットから、という方も多いのではないでしょうか。

しかし、たくさんある不動産屋のサイトからのみ情報収集して、部屋決めまでしてしまうのは早急な判断です。 便利なことには違いないインターネット上の賃貸物件の検索サイトですが、手軽で簡単というメリットの裏には、周辺情報や駅へのアクセス、そして賃貸物件の状態など、物件選びには欠かせない大切な要素が抜け落ちていることが多いです。

ですから賃貸情報サイトを活用するのであれば、家賃や地域、間取りなどの希望条件で絞り込んだ物件を自分の目で確認し、周辺情報やどんな人が多く住んでいるのかなど情報集めを行うようにしましょう。

口コミを信じるより実際に自分の目で確認を


ショッピングをする場合には、ランキングや口コミを参考にされる方も多いでしょう。
確かに、多くの人の支持があれば「安心」かもしれません。
しかしながら、自分の新しい住まいを探す場合にはランキングや口コミを参考にはできないと考えたほうが良いです。

住みたいと思った人気エリアが実際に生活してみたら想像以上に不便な場所だった、
自分が居心地が良いと思える雰囲気ではなかったということもあるはず。

さらに、なんとしても契約を取りたい不動産業者に「これ以上良い物件はないですよ!」と強引に説得されてあまりよく確認せずに賃貸契約して後悔するという話もよく耳にします。他の誰でもない「自分」が住むことになる訳ですから、この際徹底的に自分目線で賃貸住宅を選ぶことが重要になります。

気に入った物件が良い部屋とは限らない?


自分の希望する条件を優先することだけが上手な部屋選びをするコツだと勘違いしてしまう場合があるかもしれません。
実際にそこにしばらく住んでみて初めてわかることも色々あるでしょう。

賃貸生活を快適に過ごすためには、基本的な良い部屋の条件を知っておくようにするのは助けになるはずです。
例えば間取りが気に入ったアパートでも、周辺に気軽に買い物ができるお店がないなら、そのうちその不便さに我慢できなくなるケースもあるのではないでしょうか。

上手な部屋選びのポイントとは?


下記にまとめたような上手な部屋選びのポイントを参考にしてみてください。

□ひどく老朽化していないか
□日当たりはどうか
□騒音はないか
□収納の有無
□駅までのアクセスは良いか
□生活必需品を購入できるお店が近くにあるか
□家賃は妥当なものか
□防犯面がしっかりしているアパートか
□コンセントの数は足りているか
□初期費用にいくら掛かるか

初期費用が安いときには注意しよう


限られた収入内で生活することを考えるなら、初期費用が安い物件を探そうと思いますよね。
しかし、敷金ゼロなど初期費用の安い物件は、住環境が悪いなどあまり人気のない物件だったり、退去時のクリーニングや修繕代を全額自己負担しなければならないということもあります。
そのため、家賃にしろ初期費用にしろ
「安い=良い部屋」ではなく、
本当に快適に暮らせる部屋を選ぶことが上手な部屋選びには欠かせません。