自力単身引越しのコツと注意点

引越し業者に依頼せずに自分で引っ越しをする自力引越しをした方が、引越し料金を格安に抑えることができるケースがあります。
しかし、自力引越しでは事前にコツや注意点を抑えておかないと後で大変なことになってしまうことも多くあります。

自力引越しが格安料金でできる訳

自力引越しで必要な物は、荷物を運送する為のトラックと荷物を運搬する人手、そして荷物を梱包するダンボールやガムテープなどの梱包資材です。

引越しで1番費用が掛かる作業員の人件費の部分を自分や家族で担うことで、人件費を節約できます。

なのでトラックのレンタカー代や距離に応じた交通費、段ボールなどの梱包資材を入手する手間や費用を含めても、業者を使う場合の相場よりも割安な費用で引越しすることができるのです。

自力引越しのコツ


自力引越しを円滑に進めるには、自力引越し作業を経験している人や、十分に家具や大型家電などの梱包方法・積み込み方法を熟知した人が必要です。

車に積み込む方法や梱包の仕方によって引越し作業の効率は大きく変わります。
そのため経験者がいることが望ましいですが、いなくても事前に予習しておけば、かなり作業は楽になります。

また、一人暮らしで大きな荷物がなく、ダンボール箱に入った荷物だけの場合でもない限りは、作業に大人2人以上は必要です。
人数が少ないとその分1人に掛かる負担が大きくなるので、作業人数は余裕を持って用意した方が良いでしょう。
もし、少ない人数で何とか自力引越しをしたいのなら、ピンポイントで便利屋さんに少し手伝って貰うという方法もありだと思います。

自力引越しの注意点


自力引越しは思った以上に時間が掛かります。
引越し作業に慣れている方は少ないと思いますし、車のサイズの関係で引っ越し先と往復することもあります。
そのため近所に引越し挨拶にいき、引越し作業を行うことを伝えておくと良いでしょう。

また大型家具・洗濯機や冷蔵庫の一部の家電の運搬はそこまで難しくはありませんが、エアコン工事やドラム式洗濯機のように設置工事が必要な家電を自力で外して運搬すると、中のガスが抜けたり、振動によって故障の原因になることもあります。
そのため、エアコンやドラム式洗濯機のような取り付け、取り外し、運搬に神経を使う家電は電気屋さんに依頼した方が良いと思います。

自力引越しでは良くも悪くも全て自己責任です。故障しても破損しても保証はありません。その点を理解して自力引越しを決断する必要があります。

自力引越しを決断する前に引越し業者プランと比較しよう


自力引越しは確かに費用の面では割安ですが、自力引越しの労力を費用に換算すると本当に割安なのかは人に寄ると思います。
そのため、自力引越しを決断する前には、引越し業者に見積もりを貰い、業者引越しでの費用をチェックしておいた方が良いでしょう。

もしかしたら思ったよりも見積もりが安く提示されるかもしれないですし、見積もり自体は無料なので事前にやっておいて損は無いと思います。
特に近年引越し業者は一人暮らし向けの単身パックやプランを沢山出しています。
利用条件は厳しいですが、利用できる荷物量ならこれらのプランを使った方が自力引越しするよりもお得に引っ越しができることもあるので、これらの利用を検討してみても良いと思います。

自力引越しは格安で引越しをすることができます。
しかしその分自分の労力を提供することになるので、必ずしも費用と労力が釣り合っているとは限りません。
引越しに伴う労力と必要な金額を算出し、引越し業者からの見積もりと比較して決断することが大切だと思います。