ピアノ・重量物の引越しの料金相場

引越しする際には、ピアノや金庫などの重量物も持っていくことになります。
実はこのピアノや重量物の引越しは大変です。

ピアノや金庫は200kg以上も重量があることに加えて、 その内部は繊細で衝撃は厳禁、
そのため搬入や搬出に専門知識を持った作業員が必要、 更にエレベーターがないような場所ではクレーン車が必要になることもあります。

そのため、特殊作業代に伴う運搬費用が引越し費用に上乗せされます。
大変な作業なだけに多少の費用は仕方がないとしても、できることなら出来るだけ安く抑えたいのではないでしょうか?
そこで、ピアノや重量物の引越し料金の相場と、できるだけ安く済ませる方法を紹介します。

ピアノや重量物の引越しの料金相場


ピアノや金庫などの重量物の引越しでは、費用とは別で運搬費用が必要になります。

□運搬費用の料金相場
ピアノ
市内の引越し    20,000~30,000
県外への引越し 50,000~100,000

同じピアノでも重量のあるグランドピアノは割高、 軽いアップライトUなら割安な料金で更に軽いエレクトーンなら、もっと割安な料金で運搬できます。

また、ピアノは搬入、搬出に手間が掛かります。
階段やエレベーターが狭くてピアノのサイズが通らなくて運べない場合にはクレーン車が必要ですし、クレーン車が入れない時には作業員が必要です。

その場の事情に合わせて、追加料金が掛かることがあります。

□金庫などの重量物
2人で運べる重さなら追加料金はなしですが、2人で運べない場合その都度個別で料金が算出されます。
また余りにも重い場合には引越し業者では運搬を拒否されることもあります。
その場合には重量物運送専門業者に依頼することになります。

重量物運送専門業者は重量物のプロ業者なので、搬入、搬出の作業効率も良く流れるように進んで行きます。
また引越し先での設置の際には敷板などの重量物にまつわる、様々な問題もカバーしてくれます。
そして、そもそもですが重量物を引っ越し先に持っていくにしても、新居の床が耐えられるかどうかを事前に調べておく必要があります。

□ピアノ、重量物を扱ってくれる運送専門業者一覧
アート引越センター
アーク引越センター
サカイ引越センター
ダック引越センター
アリさんマークの引越社
ファミリー引越センター
クロネコヤマト引越センター

□主な楽器運送専門業者
AJL
ピアノ運送株式会社
ヤマハピアノサービス

□主な重量物運搬業者
ヤマトホームコンビニエンス

ピアノや重量物の引っ越しを安く済ませる方法


ピアノや重量物の引っ越しを安く済ませるには、一括見積もりを行うのが1番良い方法です。
この時の一括見積もりは引越し費用と合わせての見積もりでも良いですし、最近ではピアノや重量物のみを対象にした一括見積もりサイトもあるのでそちらで依頼するのも良いでしょう。

また、ピアノや重量物の移動に伴う追加作業の作業内容やサービス内容は見積もりで説明してもらって理解できても、その値段が適性なのかは普通の人では分からないと思います。
そのため複数の業者に見積もりを依頼し、適性な金額を把握して、それぞれの業者に価格交渉を進めることで費用を安く済ませることができます。

ピアノや重量物の引越しは大変です。
多少の追加料金は覚悟しましょう。

またピアノは引越した後で調律が必要ですので、忘れずに手配しておきましょう。
そして、もし引越しに伴ってピアノや金庫などの重量物を処分する際には、必ず前もって準備しましょう。

前もって手配すれば少なからずお金になることもありますが、引越しの場で処分すると割高な費用を請求されます。
普通の引越し以上に大変だと思いますが、頑張って下さい。